家族葬というスタイルにまつわる要注意点

数多くのメリットや多くのご家族にフィットしたお葬式のスタイルとして注目の家族葬ですが、一方で無用なリスクやトラブルが顔をのぞかせてしまう可能性もゼロとは言えません。こうした無用なリスクを確実に回避する上でも、家族葬というスタイルにまつわる要注意点を、喪主だけでなく家族全員で確認のうえ、正しい知識を共有しておきましょう。

家族葬は参列をお願いする、あるいは葬儀開催を知らせる相手を、家族が絞り込んで決定するスタイルが特徴です。一般葬儀のように広く故人の逝去とお葬式の開催日時や場所を周知するのではなく、ある意味家族の手で参列者をふるいにかける事前の作業が必要です。この作業が例えば、普段付き合いのあったご近所の方々には水くさいと受け取られてしまうリスクが必ずしもないとは言い切れません。

一方で、家族以外の故人の最期を一緒に見送っていただきたい知人や友人への連絡に対し、疎遠あるいは参列を控えていただきたい親族へは事後報告となれば、人間関係がこじれるリスクが否めません。そのため、家族葬をとり行うに際しては、故人の意思を尊重した家族葬である、また逝去を知らせるに際しても、家族葬であることを十分ご理解いただきたい旨を明確に相手に伝え、参列を控えていただく判断をお願いする細やかな対応が望まれます。

また、家族葬という言葉の響きから、葬儀全体の流れに関しても肩肘張らず、どこかしらラフな先入観を抱かれる方も見られますが、それは違います。あくまでも参列者数と顔触れを家族が決定するお葬式であり、通夜から葬儀、火葬、そして精進落としへと続く一連の流れが簡略化されるものではありません。服装なども一般葬に準ずる、あくまでも小規模な葬儀だと捉えておきましょう。その他香典や供花、弔電などを受け取るのか辞退するのかなど、事前に取り決めておくポイントも少なくありません。不安点があれば葬儀業者の担当者にその場で相談し、適切なアドバイスを仰いでください。どれだけ冷静に振舞っているつもりでも、いざ故人が逝去されれば、動揺して十分に事前の打ち合わせを重ねていたとしても、冷静ではいられないのがお葬式です。家族葬でもそれは同じことが言えます。