家族葬というスタイルが選ばれる理由

近年家族葬が選ばれる理由として、まずは時代の移り変わりに伴う私達のライフスタイルと価値観、そして第三者との距離感の変化が挙げられます。一昔前のお葬式の風景は、可能であれば自宅を式場として飾りつけ、回覧板などで周知された訃報でご近所の方々が自主的に駆けつける風景がごく普通でした。さらには遠方の疎遠気味だった親戚、そして会社関係者から、時には果たして誰なのかよく分からない人までが見かけられることも少なくありませんでした。

しかし、個人情報保護法の施行など諸々の権利意識の変化と高まりなどが、お葬式のスタイルの変化に、既に進んでいた核家族化以上の影響力を与え始めました。結果、故人を最期に見送るのは家族が選択した限られた人達だけという家族葬が、遺族の価値観と希望にフィットする時代となったのでしょう。費用面の軽減効果という大きなメリットと、時に参列者側に大きな負担をお願いしてしまう、あるいは参列を遠慮いただきたい方々と一線の距離を保ち続けられるなど、結果として家族の心身にやさしいスタイルである点も、選ばれる理由と推察されます。

また、実際に家族葬を執り行った経験談、あるいは参列した経験から、自身の中で一般葬儀よりも自分達家族に向いているスタイルと判断した、故人がこのスタイルで送り出して欲しいとの意思を生前から言葉にしていたなど、早い段階から家族葬を有力選択肢に挙げられている場合、葬儀業者に問い合わせたり相談する中、これがベストとの結論に達した流れなど、自らの最終判断が家族葬を視野に入れ、シミュレーションを含めた準備を進められる家族も増えています。

こうした世の中のニーズの高まりに応えるべく、家族葬の専門業者も全国各地に増え続けており、各社がそれぞれ独自のメリットを謳い、多くのご遺族やご家族のサポートに力を注いでいます。一般葬儀と比較して安価なメリットが知られていますが、値段面だけに目を奪われず、家族にとって後々の後悔につながらない、無用なリスクを招かないお葬式に際し、ベストと判断できる業者の比較検討から決定する準備作業も大切です。