家族葬のスタイルの特徴

家族だけでゆっくりと故人との最期の別れの時間を過ごしたい、あるいは費用面を抑えたいなど、家族葬というお葬式スタイルを選択されるご家族が増加傾向を見せ続けています。家族葬の三文字をあちらこちらで見かける場面も増え、多くの方々が漠然とながらこうしたお葬式が執り行われていることをご存知のはずです。しかし、具体的にどのような特徴があり、メリットや注意すべきデメリットに注意を払うべきかと問われれば、きちんと答えられない方々も大勢いらっしゃることでしょう。

ちなみに家族葬という葬儀スタイルを、明確に規定する条件などは見当たりません。あくまで故人の家族の判断で誰と誰に参列いただき、誰と誰はご遠慮いただくのかが決められます。故人が生前個人的に特に親しかった方に案内を出す一方、諸事情で参列を控えていただきたい親族にはご辞退いただくなど、必ずしも血の濃さが人選に反映されるわけではありません。

また、密葬と混同されるケースが見られますが、密葬の場合は限られた方々だけで葬儀を終えた後、故人の知人友人や仕事関係者が参列する本葬が、改めて執り行われますので、この点が大きく違います。密葬の二文字のイメージから、家族だけで執り行う小規模なお葬式の別称と解釈しがちですが、この点は正しく理解しておきましょう。

ご近所や会社関係者などの参列者が見当たらない分、全体的にそれぞれに要する時間が短くなる傾向が見られます。お悔みの言葉、弔電の紹介、喪主の挨拶などが省略されるケースも見られ、小さなお子様やご高齢のご家族の負担軽減のメリットも見過ごせません。一般葬儀と比較して小規模なため、費用面の軽減効果も大きく、お葬式を終えた後の残されたご家族の生活に、お葬式で要した出費がダメージとなるリスクの回避が期待できます。

近年は家族葬を専門とする葬儀業者も増えており、小規模の自社常設式場を構え、相談段階から親身なアドバイス、さらにはお葬式終了後のサポートと、全般に渡る力添えで信頼を集め実績を重ねています。万一に備え、事前に葬儀業者を選んでおくことも、後々後悔しない家族葬を執り行う上で重要なポイントです。