家族葬というお葬式のスタイルを理解する

近年さまざまな葬儀関連の宣伝の中に、家族葬の三文字を目にする機会が増えたと思いの方も少なくないでしょう。お葬式に参列した際の記憶から、喪主や遺族の諸々の負担の大きさは十分察せられますし、実際に経験された方々であれば、次回のお葬式はこうした負担の軽減が最優先課題となっても不思議ではありません。参列者の人数を始めとするお葬式の規模は各々異なりますが、大規模になればそれだけ負担以外にもさまざまなリスクが想定されます。家族葬はこうしたデメリットを抑える意味でも、多くの方々から注目を集めるお葬式のスタイルと言えるでしょう。

家族葬の文字から推察できるように、故人の家族とごく親しい身内だけで葬儀を全て済ませてしまい、ご近所や仕事関連の参列は基本ありません。実際の参列者数も数名から多くても20名程度が上限ですが、お葬式の流れ自体は一般葬儀に準じ、小規模だからと無用に割愛されることは基本的にありません。あくまでも個人を見送り参列する人数が小規模であることから、結果使用する葬儀会場の施設も小規模となるのが家族葬であり、無意味に全てが簡略化され、費用面の負担を軽減するお葬式の形式ではありません。

また、随所に目や耳にする密葬と混同されがちですが、密葬は家族親族の限られた参列者で葬儀を終えた後、故人の知人や仕事関連の方々が参列する本葬が後日執り行われます。こうした葬儀のスタイルの誤認から、結果的に後々後悔が残ってしまう、あるいは無用なトラブルを招いてしまう可能性も見過ごせず、正しい関連知識を家族間で共有しておく姿勢が見過ごせません。さらには故人の希望をできるだけ尊重し、金銭面や人間関係など、残された家族が直面する負担などを十分考慮しておく準備作業も大切です。

近年注目を集め、多くの家族が選択される家族葬ですが、全ての方々にとってベストマッチとは限りません。まずは家族葬というお葬式のスタイルを正しく理解し、一般的な葬儀との相違点を確かめ、故人を見送る上で最適な選択肢であるか否かを冷静に見極めてください。故人がお亡くなりからの限られた時間内で精神的なダメージが否めぬ状況下、家族親族間でこの作業を確実に行うことは実質不可能です。早い段階からのシミュレーションを含め、家族の誰に万一が生じた際には、どのようなお葬式を執り行うのか、葬儀業者の確保など、迅速な対応が可能な体制は整っているのかなどチェックしておくべき点は少なくありません。

新着情報

2018年06月14日
  ホームページを更新しました。